西武 池袋 線 特急。 特急ラビュー・レッドアロー号 :西武鉄道Webサイト

池袋→西武秩父(西武池袋線特急)|時刻表|ジョルダン

17時 - 21時台:30分ヘッドで0分発「むさし」・30分発「ちちぶ」が交互運転。 吾野駅に到着する直前に池袋線では唯一のトンネルである鎌倉坂隧道 223 m を通る。 (平成22年) 1枚のPASMO定期券で西武池袋線練馬 - 池袋間と西武有楽町線・東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線練馬 - 小竹向原 - 池袋間が利用できる特殊連絡定期券「だぶるーと」の発売が開始される。

7

小江戸 (列車)

「国際バラとガーデニングショウ」開催時の「 ローズエクスプレス」:2005年 -• 練馬 - 中村橋間で目白通りと交差部で逆立体化される。

11

小江戸 (列車)

2016年は4月29日に運転を実施し 、8月10日と同20日にも運転を実施。 より「」が運行されており、平日のみ豊洲方面と(下りは小手指駅まで)を結んでいる。 2012年と停車駅は変わらないが、途中駅からでも乗車できるようになった。

特急ラビュー :西武鉄道Webサイト

1993年(平成5年):「ニューレッドアロー」10000系が登場し、新宿線「小江戸」を運行開始。 その際、快速急行小手指駅行きを西武線内は 快速として運転し、ひばりヶ丘駅で保谷駅から回送される同駅始発の快速急行小手指駅行きに乗り継ぐパターンが組まれ、ひばりヶ丘駅で快速急行小手指駅行きを待ち合わせる各停小手指駅行きは清瀬駅で快速西武球場前駅行きの待ち合わせとひばりヶ丘駅始発の快速急行の通過待ちをする。

小江戸 (列車)

10両編成の運転が多いが、終着駅での折り返し前または後が各駅停車になる場合は、8両編成での運転となる。 特に土休夕方に設定されている西武球場前発着の列車に多い。 上り屋敷駅開業。

レッドアロー

なお、西武鉄道の夜行列車は2015年から、臨時列車で運行を再開した(の記述を参照)。 ひばりヶ丘駅で急行などと待ち合わせをする(長年、池袋発の下りでは当列車が発車する2分後に急行が発車していた)。 また土休日の夕方には通勤形車両8両編成で上り西武秩父発池袋行が1本設定されている。

特急ラビュー・レッドアロー号 :西武鉄道Webサイト

Laviewの乗車が目的になる新型特急に仕上がりました。 平日の朝夕には八高線との乗り換え客で賑わうが、土曜・休日・平日早朝には客が改札を出入りする光景も見られる。 高田馬場駅、、、所沢駅に停車。

17

西武鉄道、新型特急車両001系「Laview(ラビュー)」内覧会。大型ガラスを採用した車窓から臨場感ある風景が楽しめる

現在でもダイヤが乱れて池袋線と西武有楽町線の直通を中止したときに、中村橋駅・富士見台駅・練馬高野台駅に停車する列車の本数が激減することを救済する目的で「準急」が練馬駅から「各停」に変更されることがあるが、基本的に「区間準急」としては案内されない。 6月 中村橋 - 富士見台間上り線高架化。