次期 フィット に も 搭載 する ホンダ の i mmd 用 セグメント コイル モーター。 ホンダ 新型フィットRS試乗&燃費レポート|大人ホットハッチの実力とは

【トヨタとホンダの20年戦争】インサイトはなぜプリウスに勝てないのか!?

ここでは、このうち3タイプに試乗できたハイブリッドシステムについて紹介しよう。

1

ホンダ アコード 第三世代i

5リッターガソリンエンジンが採用され、最高出力は132ps、最大トルクは155Nmを発揮する。

【ホンダ】電動化の主役は2モーターハイブリッドi

ホンダ・ジャズが欧州市場で発表!シンプルで実用性の高い一台に ホンダ・ジャズ ハイブリッド ホンダ・ジャズ(海外版フィット)が2019年10月23日よりヨーロッパで発表されました。 セグメントコイルの採用にあたっては、i-MMDシステムの車種拡大という要求に応じるために小型化が必須とされていたのだが、量産に向けては数々の問題が発生した。

15

次期フィットにも搭載するホンダのi

対して同じ状況での新型は、コーナー入り口に差し掛かった際にトルクベクタリング制御は入るものの、グッと車体が内向きとなる動きは従来型の3分の1程度(ヘッドアップディスプレイでは後輪右(内)側の駆動用モーターによる回生制御は極めて短時間しか表示されない)に弱められている。 着実に燃費数値を向上させながら、価格の上乗せを抑えることが求められる。 やはりこうした感覚は電動駆動ならではのもので、クルマと手足が一体になったような爽快感がある。

13

【トヨタとホンダの20年戦争】インサイトはなぜプリウスに勝てないのか!?

2人乗りのクーペだったし、デザインもクセが強かったのが、インサイトの販売が低迷した理由だ。

4

ホンダらしさが凝縮された2モーターHVシステム「i

5Lハイブリッド(e:HEV)車 「ホーム」:約255万円 「クロスター」:約265万円 「リュクス」:約270万円 【総評】 「フィット」は、欧州コンパクトカーの様な見た目、質感の高さ、視界の良さ、乗り心地の良さ、燃費性能の良さ、リニアな加速など、素晴らしい性能となっています。 このセグメントはますます面白くなりそうで目が離せない。 新燃費基準が提示されたことで、終わりのない各社間の燃費競争がいっそう激しさを増すのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。