独立 行政 法人。 独立行政法人

独立行政法人

4 主務大臣は、前項の規定による承認をしようとするときは、あらかじめ、評価委員会の意見を聴かなけ ればならない。 独立行政法人• 同法は、独立行政法人の業務の特性に応じたガバナンスを構築するために、これまでの、役員および職員が公務員の身分を有する特定独立行政法人(公務員型の独立行政法人)と公務員の身分を有しない独立行政法人(非公務員型の独立行政法人)という分類を見直し、新たに、中期目標管理法人、国立研究開発法人および行政執行法人の三つの類型を設けることにした。 この場合において、同法 第四条第二項第一号中「第二条」とあるのは、「独立行政法人通則法第三十九条」と読み替えるものとす る。

13

行政法人

ここからは、独立行政法人の種類についてみていきましょう。 財務省が所管しています。

独立行政法人とは

同機構の組織として農業者大学校を設置。 (平成二十六年法律第六十九号)• 14 施行• 内閣府が所管してます。 2 評価委員会は、前項の規定による通知を受けたときは、その通知に係る報酬等の支給の基準が社会一般 の情勢に適合したものであるかどうかについて、主務大臣に対し、意見を申し出ることができる。

総務省|独立行政法人制度等|独立行政法人

)に、 その所管に係る独立行政法人に関する事務を処理させるため、独立行政法人評価委員会(以下「評価委員 会」という。 2 前項の規定により登記しなければならない事項は、登記の後でなければ、これをもって第三者に対抗す ることができない。 国立研究開発法人 [ ] 詳細は「」を参照 国立研究開発法人は、「公共上の事務等のうち、その特性に照らし、一定の自主性及び自律性を発揮しつつ、中長期的な視点に立って執行することが求められる科学技術に関する試験、研究又は開発に係るものを主要な業務として国が中長期的な期間について定める業務運営に関する目標を達成するための計画に基づき行うことにより、我が国における科学技術の水準の向上を通じた国民経済の健全な発展その他の公益に資するため研究開発の最大限の成果を確保すること」(法第2条第3項)を目的としている。

独立行政法人

国立がん研究センター• 施行日降順• 地方公務員とは地方自治体に勤めている人のことです。

1

総務省|独立行政法人|第28回独立行政法人評価制度委員会

H29. 2007年4月1日、独立行政法人農薬検査所とともに独立行政法人農林水産消費技術センターに統合し、独立行政法人農林水産消費安全技術センターが発足。 2006年4月1日、独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター、独立行政法人国立少年自然の家と統合して、独立行政法人国立青少年教育振興機構が発足。 - 所管• 達成特定的公共行政目的 目的 [ ]• 3 各独立行政法人の法人の長の名称、前項に規定する役員の名称及び定数並びに監事の定数は、個別法で 定める。

総務省|独立行政法人|第28回独立行政法人評価制度委員会

役職員が国家公務員である特定独立行政法人とそれ以外のものに分類される。 )は、在任中、任命権者の承認のある場合を除くほか、 報酬を得て他の職務に従事し、又は営利事業を営み、その他金銭上の利益を目的とする業務を行ってはな らない。 なお、国立研究開発法人の名称中には、「独立行政法人」ではなく「国立研究開発法人」の文字を使用することとされている(法第4条第2項)。

17

独立行政法人/特殊法人

分類 [ ] 独立行政法人は 特定独立行政法人と 特定独立行政法人以外の独立行政法人(非特定独法)の2つに分類されていた。 独立行政法人への豊富な実績:法人化段階より関与、高い法定監査シェア•。 国家公務員とは、国の省庁や特定の独立行政法人などに勤務している人のことです。

13

RIETI

2 政府は、その業務を確実に実施させるために必要があると認めるときは、個別法で定めるところにより 、各独立行政法人に出資することができる。 二 その他この法律又は個別法によりその権限に属させられた事項を処理すること。 調査室によれば、制度の設置が開始された度から度までの6年間に設立された108法人については、2004年度の行政サービス実施コスト(法人の業務運営に関して納税者たる国民の負担に帰せられるコスト)の合計は2兆950億円であった。

5