大平 まゆみ。 札響のコンミス・大平まゆみさん。難病を公表したその後【ALS】(ピアノが弾けなくなった過去話)

コトニクラシック/札幌市西区

お弁当には冷凍食品は使わない徹底ぶりです。 その後、父の仕事の関係で5歳から7歳までアメリカに住みましたが、その間もバイオリンは引き続きやっていました。

1

元札響コンサートマスター大平まゆみさんに 北海道æ

そんなとき大平さんはの「ロビーコンサート」や団員によるお見送りを先頭に立って行い、協賛企業のトップがいる宴席に呼ばれその場でヴァイオリンの演奏をして引き続き支援を得られたなど、ここでもお若い頃からの行動力を発揮。 学校への送迎での車中で宿題を見る等、送迎時間が大切な触れ合いの時間だったそう。 大平さんが大切にしている感覚、「気」についてのお話も大変面白かったです。

4

コトニクラシック/札幌市西区

しかし静岡の祖父が亡くなって「すべて自然に戻る。 正面入り口前の撮影では、道行く人たちが足を止め、演奏を楽しんでおり、アンコールの拍手もいただきました。

17

NHK札幌放送局

1989年 - 日本に活動拠点を移し帰国。 あまりにも唐突で、衝撃的。

大平まゆみさん、ALSの可能性公表 バイオリニスト:朝日新聞デジタル

今、音楽家に出来ることはなんなのか。 大平さん、これからも私達に素敵な演奏を聴かせてくださいね。

『100歳まで弾くからね!』大平まゆみ(著) 読みました

1st mov. のときには仙台のお母様を思い、そのお母様が口ずさんでいた「」とご自身が通った小学校の校歌が頭に流れていたのだそうです。