昭和 期 に 小田原 で 生まれ た 梅 は。 小田原の魚

“土に還る”素材。間伐材から生まれた「木糸」を使ったマスクなどの布製品を京都市のベンチャー企業が発売中

小田原以外ではほとんど流通しない魚なので、小田原人ならではの味覚といえる。 1817 文化14 『諸国古伝秘方 しょこくこでんひほう 』に、「腸炎には、青梅を擦り、搾り汁を天日に干して練り薬にする」と記載。

“土に還る”素材。間伐材から生まれた「木糸」を使ったマスクなどの布製品を京都市のベンチャー企業が発売中

もともと漁獲量の多かった小田原では、魚の仲買業の副業として干物づくりが発達しました。

4

小田原の魚

室 町 『食物服用之巻 しょくもつふくようのまき 』に「梅干は口に酢がたまるので、人の前で物にむせない」と記載。 資源管理のため、35cm以下の小型魚は獲れても再放流され、夏から秋にはヒラメを獲る「刺し網漁法」は禁漁となっている。

梅干の効能・歴史

岡田精司『京の社』塙書房、2000年、164、165頁。 1878 明治10 1886 明治19 1892 明治25 日高郡、有田郡で梅栽培が一般に普及。

8

小田原市

今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。 万葉集は、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集です。

14

梅の歴史

マスクやバッグなどを製造販売している。

9