ミッドウェー 海戦。 5分でわかるミッドウェー海戦!概要と敗因は?もし勝っていたら……

ミッドウェー海戦、空母「飛龍」乗組員の証言

先鋒が低空で魚雷を投下する雷爆機を中心とする部隊だったため、直掩に上がっていた零戦隊は迎撃のために低空へ降下せざるを得なかった。 詳細は「」を参照 日本の連合艦隊は、真珠湾攻撃後はに機動部隊主力を投入していたが、の英領を攻略する作戦案が採用されなかったために、連合艦隊幕僚は第二段作戦の移行までに残された4週間で代替案を作成しなければならなかった。

14

ミッドウェー海戦とは

昭和17年 1942年 1月23日に、さしたる抵抗もなくニューブリテン島のラバウルを占領するや、大本営は29日に前記ニューギニアの三地区とツラギの攻略命令を出している。

20

【ミッドウェー海戦で勝っていたら】もし日本が勝利していたら?敗因は?徹底解説!

btn-colored:active,button:not [type] :not. 吉岡は、当時攻略作戦中敵艦隊がほとんど考えていなかったため、厳重にするのが良いのはわかっていたが、索敵には艦攻を使わなければならないので攻撃力が減ることとなり、惜しくて索敵に割けなかったとして、状況判断の甘さが原因と回想している。 そのため、一航艦参謀長の草鹿少将は、連合艦隊が敵情を把握して作戦転換を指示することを連合艦隊参謀長の宇垣参謀長に取りつけた。

知っていましたか? 近代日本のこんな歴史

一方で、アメリカ軍は、ミッドウェー島の部隊をはじめ同等の航空隊を保有していました。 これで当時のアメリカ海軍太平洋艦隊が投入できる空母戦力の全てがミッドウェーの戦いに参戦する形が整えられた。 つまり、ミッドウェーを占領さえしていれば、その後、米機動部隊を撃滅するチャンスはあるとみていた。

19

ミッドウェー海戦の敗因となった爆弾はなぜ積まれたのか?

その頃、少佐率いるエンタープライズの艦爆隊32機は日本の機動部隊を見つけられず、燃料消耗のために飛行範囲限界を迎えつつ、予想海域の周辺を捜索していた。 この時点で南雲機動部隊の直掩機は18機に減少していたが、直ちに加賀5機、赤城3機が迎撃に上がる。 現実味を欠いた山本案 これに対して 山本五十六長官を筆頭に連合艦隊司令部が強力に進めていた米機動部隊撃滅案の概要は、まずミッドウェー島を攻略 占領 して前進基地を確保、同時に、米機動 空母 部隊を誘い出して撃滅し、その後でFS作戦を実施する。

19

ミッドウェー海戦とは

歴史に「もし」はタブーだが、仮に日本軍がこの海戦に勝利していたとしても、国力で劣る日本が戦線を維持できたとは思えない。

10