ユーロドル 見通し。 ユーロ/円130円、ユーロ/ドル1.23ドルへ。上昇を示唆するサイン、複数点灯!|陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

【今週の為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【今週後半の見通し】

ガイダンス強化を織り込む動きが市場で広がった場合、リスク選好的なドル買い・円売りがただちに強まる可能性は低いとみられる。

ユーロ円予想レンジ|トレンドライン上抜けで高値127.07更新か|投資の森

12月10日に開催される欧州中央銀行(ECB)理事会で政策金利は据え置きの公算だが、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の拡大、期間延長などの追加緩和的な措置は織り込まれた。 ドル安の背景としては、新型コロナワクチン開発の進展で早期普及への期待が広がっていることが、リスク回避の動きにつながっている面が指摘されよう。 ユーロは前日一時1.2004ドルと9月1日以来の高値を付けたが、その後は月末のドル買いフローや利益確定売りに押され、上昇が急失速した。

9

【これからの見通し】ドル売り圧力継続か、ユーロドルは節目の1.20が焦点に

126円前後にはピボットポイントR1~R3が126. これらの行方がクリアになればユーロが続伸する事も考えられるが、そうでなければユーロが反落してもおかしくないだろう。 2008年高値から引かれてきた元レジスタンスラインが、7月の上昇でブレイクされ、その後、9月~11月に渡って再確認されたが、今度は 一転してサポートの役割を果たし、目先の高値更新につながった。 市場予想を下回った場合、連邦準備制度理事会 FRB の金融緩和観測はやや強まり、ドル売り材料となる可能性がある。

ユーロ(EUR)ってどんな通貨?今後の為替見通し・予想【2020年最新】

実際、年初来高値の更新があれば、時間がかかっても、また紆余曲折があっても 130円の心理的大台の打診が視野に入る。 19米ドル台前半、同124円近傍で推移しています。

ユーロ/円130円、ユーロ/ドル1.23ドルへ。上昇を示唆するサイン、複数点灯!|陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

2178ドル。

【今週の為替予想】ドル円・ユーロドル・豪ドル円の今後の見通し【今週後半の見通し】

」と書きましたので、こちらは、トレード的にはやや失敗でしたね。 この後の海外市場で発表される経済指標は、スイス小売売上高(10月)、スイスKOF先行指数(11月)、南アフリカ貿易収支(10月)、ドイツ消費者物価指数・速報値(11月)、カナダ経常収支(第3四半期)、カナダ住宅建設許可(10月)、カナダ鉱工業製品価格(10月)、カナダ原材料価格指数(10月)、米シカゴ購買部協会景気指数(11月) 、米中古住宅販売成約指数(10月)など。

20