広 背筋 起 始 停止。 肩甲挙筋の起始停止作用と支配神経!浅背筋第2層<その1>とは?-スポ魂ルール

僧帽筋の構造・作用と起始停止および支配神経│【公式】公益社団法人 日本パワーリフティング協会

大腿直筋以外は、太ももの骨の上部から始まり、膝関節をまたいでスネの骨の上部に付いています。 この3つの主要筋の起始停止をみてみましょう。 ディビルダーはとても筋肉に詳しい方が多いです。

筋肉の起始と停止。どっちがどっちだか?曖昧な筋肉もあります。

広背筋の筋腹は運動の中心と考えられる上腕骨頭の中心より下を通って停止を引くので、上腕が引かれて伸展が起こります。 一側が働けば同側に曲がる。 Sponsored Link [2] 脊柱起立筋 Erector spinae 腸肋筋,最長筋,棘筋の総称で体幹を伸展(直立)させ姿勢保持に関わる. 腸肋筋は脊柱起立筋の最外側部. 最長筋は長い筋で腸肋筋と棘筋の間にある. 棘筋は脊柱起立筋の中で最内側にあり下位の棘突起から起こり数個上の棘突起に付く. 1.腸肋筋 筋名 起始 腰腸肋筋:後面,腰背腱膜,腸骨稜,の棘突起(最長筋と混じり共通腱となる) 胸腸肋筋:下位の(第7~10角,11,12) 頸腸肋筋:上位の(第1~6角) 停止 腰腸肋筋:下位の(第7~10角,第11,12)下縁 胸腸肋筋:上位の(第1~6角)の下縁 頸腸肋筋:C4~6横突起 後結節 作用 ・体幹の伸展,側屈,同側回旋 ・吸息補助 髄節 C4~L3(不定) 神経 脊髄神経後枝の外側枝 2.最長筋 筋名 起始 胸最長筋:後面,腰背腱膜,腸骨稜,の棘突起(腸肋筋と混じり共通腱となる) 頸最長筋:上位[T 1, 2~6]の横突起 頭最長筋:頸椎(C4~7)横突起および関節突起,上位[T1~4 ,5,6 ]横突起 停止 胸最長筋:第3~12(角と結節の間),全の突起と副突起,全の横突起 頸最長筋:C2~6横突起の後方 C3~6は横突起の後結節 頭最長筋:頸よりも深部で・側頭骨の乳様突起 作用 ・体幹の伸展,側屈,同側回旋 ・吸息補助 髄節 C2~L5(不定) 神経 脊髄神経後枝の外側枝 3.棘筋 筋名 胸棘筋のみ本来の棘筋で,頸棘筋は,頭棘筋は頭半棘筋の一部とされる. 起始 頭棘筋: C5~T3棘突起(頭半棘筋の筋束の一部) 頸棘筋:C5~T2棘突起(が長くなったもの) 胸棘筋: T11~L2棘突起(起始は胸最長筋と癒着) 停止 頭棘筋:後頭骨(上項線と下項線の間の後頭鱗) 頸棘筋:C2~5棘突起 胸棘筋:(T1~9)棘突起(停止は半棘筋と癒着) 作用 ・体幹の伸展,側屈,同側回旋 ・吸息補助 髄節 C2~T10(不定) 神経 脊髄神経後枝の外側枝• 競技の特性や個人差などで骨格ポジションは様々です。

広背筋(こうはいきん)

広背筋が収縮して短くなると、上腕骨の前内側から上腕骨の小結節稜を引きます。 第2層(固有背筋) 本来の背筋であって、脊髄神経の後枝を受ける。

18

【骨格筋の英語名称と起始停止】大胸筋・広背筋・僧帽筋・三角筋・上腕三頭筋・上腕二頭筋・腹筋群・大腿筋群

上腕を後方に引く。

18

筋の起始と停止から作用を理解するための考え方入門

固有背筋は数が多いので次の用に整理して記述する。

20

筋肉の起始と停止。どっちがどっちだか?曖昧な筋肉もあります。

頸部を保護するという目的から競技能力の向上よりも怪我の防止という観点で鍛えられることが多い。 パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 K5 医療関係者のK5です! 日本在住です。

1