森 会長 後任。 森喜朗氏→川淵三郎氏まさかの「老々交代」 後任に若い世代を選べなかったリアルな内幕

森会長の後任は川淵三郎氏に決定 昨年11月IOCバッハ会長と選手村に― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

13日、大会関係者が明らかにした。 後任には選手村の村長の元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)が有力となっている。

森会長の後任は2択?「IOCと付き合うには元首相クラスでないと」の声(東スポWeb)

コロナ禍で国内外の直営店が休業し、ランニングシューズの販売が減った。

3

森会長の後任を小倉が勝手に予想...猪谷元IOC副会長、川渕会長、室伏スポーツ庁長官: J

森喜朗会長(83)の辞意を受けて、森氏から次期会長就任の打診を受けたのが川淵三郎氏(84)。 もはや〝汚れ仕事〟、もしくは〝敗戦処理〟と言っていいほど、未来ある若いリーダーをダメにしかねない、本当に損な役回りなのだ。 「女性蔑視発言」で火だるまとなった森氏が会長辞任を正式表明したのは、12日の組織委幹部らによる臨時の合同懇談会の場だった。

10

ひろゆき氏 森氏後任が「川淵さんじゃなくてよかった」理由…「若い人か女性がなるほうが」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

会長の後任人事を巡っては、IOCの関係者や一部の理事から透明性の確保が重要だという指摘が出ていて、森会長に打診されいったん引き受ける意向を示した川淵三郎氏は、12日の会合で辞退したということです。

東京五輪・パラ組織委 森会長の後任 川淵三郎氏で調整

12日は組織委員会の理事と評議員による緊急の会合が開かれ、この中で森会長があいさつし「きょうをもちまして会長を辞任いたそうと思っています。

1

辞任表明の森会長後任 アスリートなどで構成の委員会で選定へ

そして、ほぼ開口一番で「何とか後を引き受けてほしい」と打診され、川淵氏も二つ返事で受諾したという。 そもそも「余人をもって代えがたい」とまで言われた東京五輪組織委員会の会長職は、元首相経験者クラスしか務まらないと言われていた。 川淵氏が会長に就任した場合「高齢である男性が女性蔑視の発言をしたのがそもそも問題だったりもするので、その後の人が84歳だっていうのは問題解決してないよね(という印象に受け取られかねない)」と力説した。